ミライースのブログ

愛車のミライースについて、つらつらと書いてます

効果

イースについてるアイドリングストップ、名称は エコアイドルです。

およそ11km/h以下になるとアイドリングを切って、アクセルを放すか
ハンドルを切るか、ブレーキを強く踏むと再始動します。

停車中のガソリン消費を無くすので、確実に燃費向上に寄与しますが
その代わりに、毎回 セルモーターを回しバッテリーを消耗します。

どの程度の効果があるか、検証してみました。
※アイドリング中 6cc/分 で換算

走行距離: 364km
消費燃料: 21.6L
エコアイドル時間:92分
エコアイドルでの節約ガソリン:552cc 
節約燃料率:2.5%

ということで、エコアイドルの燃料節約は約2.5%です。

これは年間 12千キロ(1000km/月)として、何Lになるかというと
約18Lです。ガソリン 120円として2160円です。

燃費が向上する、さらにCO2の排出が減るという良いとこ尽くめの
エコアイドルですが、しかし潜在的な課題があります。

1.バッテリーの疲弊 (寿命の短縮)
2.セルモーターの疲労 (耐久性の低下)

これらに具体的な数値はありませんが、イースのバッテリーはM42なので
最安で8000円です。年間2160円を節約して、バッテリーの耐久が半分になるなら
2年で交換したらトントンになります。また、エコアイドルで減らしたCO2ですが
バッテリー生産で消費されるCO2とペイできるのでしょうか? (´・ω・`)

次にセルモータです。セルモータはリユース品で2万円程度になります。
エコアイドルによるセルモータへの負荷は確実に高いでしょう。
現在の国産軽自動車で、普通に乗っていたらセルモータの交換は
ほぼありません。(私も一度も交換したことがありません)
しかしエコアイドルだと、通常の数倍~十数倍程度の稼動があるでしょうから
5年なら50年の負荷が掛かることになります。

これもソースはありませんが、知り合いの自動車屋さんに聞くと、口々に
「負荷が大きければ、壊れるのが早くなるのは道理やな」と言っています。
私も、これには賛同します。

では、長めにみて10年でセルモータが壊れたとしたら、10年の節約燃料が
21600円、セルモータの交換コストが 20000円。差し引き1600円しか節約できませんが
先のバッテリーを含めると・・・・・・

という訳で、私はエコアイドルが「燃費には良いが、経済性にもCO2削減にも良くない」と
考えたので、エコアイドルはOFFにして走っています。

また、エコアイドルによって「確実にCO2を減らしているだろ」という意見も見ますが
イース自体が素晴らしい燃費で、相当なCO2削減をしているので、更にその上に
エコアイドルでCO2削減しなくても、いいんじゃないかな~と思ってます。
CO2削減は リッター 5や10で走っている大排気量で悪い燃費の人たちが
もっと真剣に取り組んで頂きたいなぁ、と思ったりします (●´ω`●)

おしまい

燃費は全然かわりませんw
高圧縮エンジンですが、元からノッキングが無いので変わりませんw
トルクは若干太くなる感じで、坂が少しだけ楽になります。

ただ、エンジンから来る振動が大きくなった気がします。
レギュラーの頃から 50~60km/h辺りで共振のような振動がありましたが
ハイオクだと50~65km/hまで振動があるようです。

ハイオクにある洗浄機能以外は、見える効果がないので
イースはレギュラーで良いと思います。(・∀・)

ご存知の通り、ミライースは、メーターのエコドライブアシスト照明が
緑になるように走ると燃費が向上するようになっています。

エコドライブはアクセルを開けすぎず、ゆっくりとした加速を心がけて
ハイギア、低回転でドライブを促すモードです。

今回はエコドライブと、それを無視したドライブとの燃費差を検証してみました。

結果:
エコドライブ:   28.8km/l
エコ無視ドライブ:25.2km/l
燃費低下率: 12.5%

条件:
気温:5~8度
距離:85km
経路:8号線

設定:
エコドライブ時は極力グリーンになるように運転し、
無視ドライブは法定速度までアクセル全開する。
最高速は、それぞれの他の車の流れに合わせる

感想:
思いの外、燃費は低下しなかったです。
もっと30~40%悪化するかと思いましたが、割と微減でした。 (*・ω・)ノ

ミライース、燃費が良くて、価格が安くて、スタイル良くて、小回りの聞くいい自動車ですが
コストダウンの為に、静粛性が若干犠牲になってます。

セダンタイプの軽自動車は、セミトールやトールワゴンに比べてノイズが多いです。
ミライースも多分にもれず、ややノイズが大きいタイプです。
もちろん他のセダンと比較して特にうるさい訳ではありませんが、静かなことに
越したことは無いので、少しずつ静音化をしてみました。

まずは、ロードノイズ低減マットから。
エーモンのロードノイズ低減マット MとL、各1セットです。

エーモン 2660 AMON  ロードノイズ低減マット Mサイズ
エーモン 2661 AMON  ロードノイズ低減マット Lサイズ

ミライースではフロントにはMサイズがノーカットで設置できます。
単純にポン置きするだけで、ピッタリなサイズです。

P1310470
助手席側です。運転席側も同じように置くだけですが、運転席側にはマットズレ防止の
ピンがあるので、その下にもぐりこませるといいです。

次はリア側です。
P1310466
P1310468
リアは両外側に、すこし突起があるので、その部分だけハサミでカットします。
適当に斬っても、それなりになるので心配ありません。

ロードノイズ低減マットの効果ですが、少々ですが確実に効果があります。
大きな角のある音が、低めの篭った音に変わります。
劇的な効果はありませんが、マット無しより、ずっと良いです。






今度は、エンジン音の静粛化です。

これも エーモン 2671 エンジンルーム静音MV用 です。
同じシリーズには大きめの2670がありますが、ミライースには2671でOKです、
それでもかなり余りますし、2671の方が300円ほど安いです。

工程は
・ハサミでカット
・シート貼り付け
・アルミテープで強化 で、全部含めて30分もあれば完了します。

P2070565
ボンネットを開けた状態。
真ん中辺りに2枚ほど「整備用情報」が貼ってあります。このままシートを貼りますと
これが隠れます。まぁ整備工場では、この手の情報は十分に把握しているので
特に必要ないと思いますが、気になる人はデジカメで撮って、後からシート上に
貼り付けるのも良いかと思います。

貼り付ける前には、ボンネットの貼り付け面の汚れをキレイに取り除きましょう。
油分や汚れが残っているとシートが剥がれるリスクが高まります。

あと、取説に注意点として「配線やウィンドウウォッシャーの管がある場合などは
そこを避けて貼るべし
」、とありますが、イースにはそういうのが無いので
気にせずガンガン貼ります。


P2070566
カットしてシート本体を貼った状態。
コツとしては、大きめにカットして少しずつ調整すると良いです。また
貼り付ける場合は「中央から外側に」という鉄則を覚えておきましょう。
そうすると、途中でシワになったり撓み(たわみ)が起きにくいです。

シート本体の粘着力は、それほど強くないのでボンネットの間に隙間や
空間が出来ないように、しっかり2~3回隅々まで押さえましょう。
走行中にダレて落ちてくると危険です。

P2070567
シートの周りを付属のアルミテープで貼り貼りしたところ。

コツは「あまり長いテープを貼らない」です。
テープと言うのは剥がれ始めると、自分自身の重さで、剥がれが進みます。
長いテープが剥がれ始めると、ジワジワと悪化します。

全体に、それなりにテープが貼れたら、つなぎ目や角目を補強したりしましょう。
テープは有り余るほどの長さなので、遠慮せずに使いましょう。

P2070569
で、テープも有り余るのですが、イースだとシート自体も余ります。
せっかくなので、ラゲッジスペース(工具とか置いてあるスチロールの)底面に
シートをカットして置きましょう。

この辺りはロードノイズの透過部分なので、いくらかでも遮音できるば・・と
思います。(実際にラゲッジ用シートも売ってますから)

施工は以上です。

効果は、まぁまぁです。
全体的に音が鈍くなり、高音(ヒューンっていう)は吸収してるようです。

ただ、構造的にボンネット上に抜ける音を遮音するので、エンジンから直接座席に
伝わる音やエンジンの振動には、何ら効果がありません。

ひょっとすると、エンジンからボンネットへ反射して座席に伝わっていた音が
幾らかでも低減しているのかもしれませんが、あまり体感はありません。

それでも2000円ちょいと30分程度の施工で、気持ち程度は遮音できるので
試してみるのもアリかと思います。

最後に、シートやテープの剥がれ落ちはエンジンに直撃するので、施工後しばらくは
剥がれやダレが無いか、定期的に確認が必要と思います。
今、2月なので高温になる7~9月を超えることが出来れば、それ以降は
まぁ大丈夫だと考えています。







↑このページのトップヘ