ミライースのブログ

愛車のミライースについて、つらつらと書いてます

ミライース

P1120799
早朝の琵琶湖

P1120868
越前海岸

イースのAピラー、太いですよねーw ('A`)

イース君のエコドライブアシスト照明
グリーンの状態が一番燃費に良い運転で
                    
         50Km/h
                    
↑こんな色になります。これが上り坂になると
   ↓↓↓
                    
         50Km/h
                    
こんな状態になります。
燃費が悪い運転をしている時の色ですね。

タイプLやDだと、こんな色になります。
                    
         50Km/h
                    
出来れば、グリーンのままで走りたいところですが
上り坂でグリーン(良い状態)で走ると、かなり遅くなり
車の流れを妨げる事にもなります。

上り坂では「ベタ踏み」でなくても良いので、普段より強めに
アクセルを踏みましょう。

確かに上りで燃費が悪くなりますが、上り坂があれば同じだけ
下り坂があります。上りで悪くなった燃費は下りで取り戻せるので
(位置エネルギーあるので)、上り坂でのエコドライブ照明は
あまり気にせずに、周りの車の流れに合わせてアクセルを踏みましょう。

イースの写真を3枚ほど

BlogPaint
気比神宮で

P1120801

早朝の琵琶湖
P2280767
賤ヶ岳付近のトンネルです

走行距離: 407km
給油量: 18.6L
実測燃費: 21.8km/L
イース表示計燃費: 22.3km/L

200kmくらいが長距離で、200kmくらいが通勤です。
長距離では26km/Lをマークしていたので
200km÷26km/L=7.7L(長距離での消費燃料)
18.6L-7.7L=10.9L(通勤で消費した燃料)
200km÷10.9L=18.34km/L(通勤での燃費)
になります。

ただ、長距離の燃費は表示燃費なので、3%の誤差を含めると
長距離の消費燃料は 7.93L
通勤での消費燃料は 10.67L
通勤の燃費は 200km÷10.67L=18.74km/L になります。

通勤片道6km程度でストップアンドゴーの状態で、冬季スタッドレスで
18.74km/Lなら満足ですね (´∀`)

ミライースの給油キャップには紐が付いていて、セルフのガソリンスタンドでの
給油時にキャップの置き場所に困ったり、付け忘れしないようになっています。

また取説の139Pにも書いてありますが、開けた給油キャップは、フューエルリッド
(普段は給油口を隠している車体のフタ)にある「ハンガー」に引掛ける事ができます。

これで給油時も邪魔にならず、給油後に付け忘れも防止できますね (・∀・)つ

イースの空調の出口は、角度自由の構造になってます。
その奥には、ハニカム構造が見えます

P2200698

ハニカム構造って、いいよねw (*゚∀゚)
なんか、、、いいよね!

注意:あくまで、交通の流れを妨げないレベルでの実践をオススメします

イースに限らず、この操作は重要です。

一定の速度(20km/h~)でアクセルを放した場合、エンジンへの燃料供給が
ゼロになりながら、エンジンブレーキ(緩やかなブレーキ)が効きます。
つまり、その期間は消費燃料がゼロになります。

これが燃費に大きく寄与し、低燃費を実現するなら、この操作は必須です。

この逆は「ギリギリまでアクセルを踏んで、急ブレーキ」になります。
これは燃費を悪化させるのに効果があります。

運転中に遠くに赤信号が見えた場合、早めにアクセルを放して
エンジンブレーキで減速する、下り坂ではブレーキではなく
エンジンブレーキで減速する(安全な範囲で)、これが燃費向上に
とても役立ちます。

お試しあれ (・∀・)つ

↑このページのトップヘ