注意:あくまで、交通の流れを妨げないレベルでの実践をオススメします

イースに限らず、この操作は重要です。

一定の速度(20km/h~)でアクセルを放した場合、エンジンへの燃料供給が
ゼロになりながら、エンジンブレーキ(緩やかなブレーキ)が効きます。
つまり、その期間は消費燃料がゼロになります。

これが燃費に大きく寄与し、低燃費を実現するなら、この操作は必須です。

この逆は「ギリギリまでアクセルを踏んで、急ブレーキ」になります。
これは燃費を悪化させるのに効果があります。

運転中に遠くに赤信号が見えた場合、早めにアクセルを放して
エンジンブレーキで減速する、下り坂ではブレーキではなく
エンジンブレーキで減速する(安全な範囲で)、これが燃費向上に
とても役立ちます。

お試しあれ (・∀・)つ