ミライースのブログ

愛車のミライースについて、つらつらと書いてます

ミライースの燃費向上

イースについてるアイドリングストップ、名称は エコアイドルです。

およそ11km/h以下になるとアイドリングを切って、アクセルを放すか
ハンドルを切るか、ブレーキを強く踏むと再始動します。

停車中のガソリン消費を無くすので、確実に燃費向上に寄与しますが
その代わりに、毎回 セルモーターを回しバッテリーを消耗します。

どの程度の効果があるか、検証してみました。
※アイドリング中 6cc/分 で換算

走行距離: 364km
消費燃料: 21.6L
エコアイドル時間:92分
エコアイドルでの節約ガソリン:552cc 
節約燃料率:2.5%

ということで、エコアイドルの燃料節約は約2.5%です。

これは年間 12千キロ(1000km/月)として、何Lになるかというと
約18Lです。ガソリン 120円として2160円です。

燃費が向上する、さらにCO2の排出が減るという良いとこ尽くめの
エコアイドルですが、しかし潜在的な課題があります。

1.バッテリーの疲弊 (寿命の短縮)
2.セルモーターの疲労 (耐久性の低下)

これらに具体的な数値はありませんが、イースのバッテリーはM42なので
最安で8000円です。年間2160円を節約して、バッテリーの耐久が半分になるなら
2年で交換したらトントンになります。また、エコアイドルで減らしたCO2ですが
バッテリー生産で消費されるCO2とペイできるのでしょうか? (´・ω・`)

次にセルモータです。セルモータはリユース品で2万円程度になります。
エコアイドルによるセルモータへの負荷は確実に高いでしょう。
現在の国産軽自動車で、普通に乗っていたらセルモータの交換は
ほぼありません。(私も一度も交換したことがありません)
しかしエコアイドルだと、通常の数倍~十数倍程度の稼動があるでしょうから
5年なら50年の負荷が掛かることになります。

これもソースはありませんが、知り合いの自動車屋さんに聞くと、口々に
「負荷が大きければ、壊れるのが早くなるのは道理やな」と言っています。
私も、これには賛同します。

では、長めにみて10年でセルモータが壊れたとしたら、10年の節約燃料が
21600円、セルモータの交換コストが 20000円。差し引き1600円しか節約できませんが
先のバッテリーを含めると・・・・・・

という訳で、私はエコアイドルが「燃費には良いが、経済性にもCO2削減にも良くない」と
考えたので、エコアイドルはOFFにして走っています。

また、エコアイドルによって「確実にCO2を減らしているだろ」という意見も見ますが
イース自体が素晴らしい燃費で、相当なCO2削減をしているので、更にその上に
エコアイドルでCO2削減しなくても、いいんじゃないかな~と思ってます。
CO2削減は リッター 5や10で走っている大排気量で悪い燃費の人たちが
もっと真剣に取り組んで頂きたいなぁ、と思ったりします (●´ω`●)

おしまい

イース君のエコドライブアシスト照明
グリーンの状態が一番燃費に良い運転で
                    
         50Km/h
                    
↑こんな色になります。これが上り坂になると
   ↓↓↓
                    
         50Km/h
                    
こんな状態になります。
燃費が悪い運転をしている時の色ですね。

タイプLやDだと、こんな色になります。
                    
         50Km/h
                    
出来れば、グリーンのままで走りたいところですが
上り坂でグリーン(良い状態)で走ると、かなり遅くなり
車の流れを妨げる事にもなります。

上り坂では「ベタ踏み」でなくても良いので、普段より強めに
アクセルを踏みましょう。

確かに上りで燃費が悪くなりますが、上り坂があれば同じだけ
下り坂があります。上りで悪くなった燃費は下りで取り戻せるので
(位置エネルギーあるので)、上り坂でのエコドライブ照明は
あまり気にせずに、周りの車の流れに合わせてアクセルを踏みましょう。

注意:あくまで、交通の流れを妨げないレベルでの実践をオススメします

イースに限らず、この操作は重要です。

一定の速度(20km/h~)でアクセルを放した場合、エンジンへの燃料供給が
ゼロになりながら、エンジンブレーキ(緩やかなブレーキ)が効きます。
つまり、その期間は消費燃料がゼロになります。

これが燃費に大きく寄与し、低燃費を実現するなら、この操作は必須です。

この逆は「ギリギリまでアクセルを踏んで、急ブレーキ」になります。
これは燃費を悪化させるのに効果があります。

運転中に遠くに赤信号が見えた場合、早めにアクセルを放して
エンジンブレーキで減速する、下り坂ではブレーキではなく
エンジンブレーキで減速する(安全な範囲で)、これが燃費向上に
とても役立ちます。

お試しあれ (・∀・)つ

燃費は全然かわりませんw
高圧縮エンジンですが、元からノッキングが無いので変わりませんw
トルクは若干太くなる感じで、坂が少しだけ楽になります。

ただ、エンジンから来る振動が大きくなった気がします。
レギュラーの頃から 50~60km/h辺りで共振のような振動がありましたが
ハイオクだと50~65km/hまで振動があるようです。

ハイオクにある洗浄機能以外は、見える効果がないので
イースはレギュラーで良いと思います。(・∀・)

ご存知の通り、ミライースは、メーターのエコドライブアシスト照明が
緑になるように走ると燃費が向上するようになっています。

エコドライブはアクセルを開けすぎず、ゆっくりとした加速を心がけて
ハイギア、低回転でドライブを促すモードです。

今回はエコドライブと、それを無視したドライブとの燃費差を検証してみました。

結果:
エコドライブ:   28.8km/l
エコ無視ドライブ:25.2km/l
燃費低下率: 12.5%

条件:
気温:5~8度
距離:85km
経路:8号線

設定:
エコドライブ時は極力グリーンになるように運転し、
無視ドライブは法定速度までアクセル全開する。
最高速は、それぞれの他の車の流れに合わせる

感想:
思いの外、燃費は低下しなかったです。
もっと30~40%悪化するかと思いましたが、割と微減でした。 (*・ω・)ノ

↑このページのトップヘ